BracketsとAtomのテキストエディタを使用するためのパソコンスペック調査

Pocket

新しくWindowsノートパソコンを購入するにあたり、BracketsとAtomのテキストエディタを使用するために必要なパソコンスペックを公式サイトで調査しました。 Bracktsは、OSがWindows10、RAM(=メモリ)が最低でも2GB以上になります。 Atomは、OSが64bitのWindows10になります。

管理人の場合は両方使用するので、64bitのWindows10で、RAM(=メモリ)は最低でも2GB以上となりました。

みなさんも参考にしてくださいネ。それでは、調査報告をしますね。

Bracketsに必要なパソコンスペック

Bracketsを使用するために必要なパソコンスペックは、OSが「Windows Vista, 7, or 8/8.1 (x32 and x64)」 で、「RAM(=メモリ)が最低でも2GB以上」ということが公式サイトに載っています→Troubleshooting · adobe/brackets Wiki · GitHub

OSについては、実際のところWindows10でもOKのようです(市販の本でWindows10でBracketsを使用している本があるため)。

ということで、Bracketsを使用するための市販で購入可能なパソコンスペックをまとめると、 OSはWindows10、RAM(=メモリ)は最低でも2GB以上 という結論がでました。

Atomに必要なパソコンスペック

Bracketsを使用するために必要なパソコンスペックは、OSが「For 64-bit Windows 7 or later」です。つまり64bitでWindows7以上であることになります。

公式サイトで、それ以外のRAM(=メモリ)などの情報はちょっと見つけられませんでした(≧▽≦)→Atom

ということで、Atomを使用するための市販で購入可能なパソコンスペックをまとめると、 OSは、64bitのWindows10 という結論がでました。Windows10には32bitもあるので要注意ですね。

まとめ

今日は新しくWindowsノートパソコンを購入するにあたり、BracketsとAtomのテキストエディタを使用するために必要なパソコンスペックを調査しました。いかがでしたか? Bracktsは、OSがWindows10、RAM(=メモリ)が最低でも2GB以上になります。 Atomは、OSが64bitのWindows10になります。

管理人の場合は両方使用するので、64bitのWindows10で、RAM(=メモリ)は最低でも2GB以上となりました。 みなさんも参考にしてくださいネ。 それでは!

Pocket