Viusral Studio Codeでワークスペースを作成する方法


今日は、Viusral Studio Codeでワークスペースを作成する方法 を説明しますね。

ワークスペースを作成する方法

ワークスペースを作成する方法は、以下の手順になります。

  1. メニューバー[ファイル] → [フォルダーを開く]で、
  2. ワークスペースにしたいフォルダを開き、
  3. メニューバー[ファイル] → [名前をつけてワークスペースを保存]を選択し、
  4. ①ファイル名に、任意の名前 + .code-workspace を入力し、②[保存] ボタンをクリックする。

ワークスペースが作成されると、

エクスプローラービューに、(ワークスペース)と表示さたり、タイトルバーに、(ワークスペース)と表示さたりします。

今日はワークスペースを開く方法も確認するため、

ここで、メニューバー[ファイル] → [ワークスペースを閉じる]で、一度ワークスペースを閉じます。

ワークスペースを開く方法

一度、作成したワークスペースを開く方法は、以下の手順になります。

  1. メニューバー[ファイル] → [ファイルでワークスペースを開く]で、
  2. ①ファイル名に、既に作成済みの任意の名前 + .code-workspace を入力 & 選択し、②[開く]ボタンをクリックする。

なお、エクスプローラーから、既に作成済みの任意の名前 + .code-workspace をドラッグアンドドロップすることによっても、

ワークスペースを開くことができます。

ワークスペースを、フォルダに戻す方法

作成したワークスペースをやめて、フォルダに戻す方法は、以下の手順となります。

  1. エクスプローラービューに、表示されている、既に作成済みの任意の名前 + .code-workspace を選択し、
  2. Delete を押す。

まとめ

今日は、Viusral Studio Codeでワークスペースを作成する方法 を説明しました。

ワークスペースを作成する方法が、メニューを見ただけではよくわからなかったし、ググっても、私のような初心者レベルでわかるようなページが見つからなかったので、作成しました。

ワークスペースを作成すると、いろいろ便利なことができるようになります。

それについては、また、あらためて記事を書きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました