VSCodeで、全角スペースをハイライト表示する方法


Visual Studio Codeで、全角スペースをハイライト表示するには拡張機能zenkakuをインストールして、有効化して使います。

一度有効化すれば、ハイライト表示は、VSCodeを再起動しても、切り替えた状態が維持されるので、設定ファイルextension.jsの変更は不要です(Winだけ?)。

インストール & 設定方法

拡張機能zenkakuのインストール & 設定方法は、以下のとおりです。

  1. 画面左にあるアクティビティーバーより、[機能拡張]ビューをクリックし、
  2. 検索欄に zenkaku と入力し、
  3. 表示された機能拡張[zenkaku]を選択し、
  4. [インストール]ボタンをクリックし、
  5. Ctrl + Shift + pで、コマンドパレットを表示し、
  6. 検索欄に enable zenkaku と入力し、 Enterを押す。

拡張機能zenkakuは、初期設定で無効化になっているので、ハイライト表示しません。なので、コマンドパレットから enable zenkaku と入力し、有効化します。

なお一度有効化すれば、ハイライト表示は、VSCodeを再起動しても、切り替えた状態が維持されるので、設定ファイルextension.jsの変更は不要です(Winだけ?)。

ハイライト表示 ⇔ 非表示切替

全角スペースのハイライト表示は、表示(有効化) ⇔ 非表示(無効化)と、切替えて使用することが可能です。またVSCodeを再起動しても、切り替えた状態が維持されます。

方法は、以下のとおりです。

  1. Ctrl + Shift + p(またはメニューバー[表示] → [コマンドパレット])で、コマンドパレットを表示し、
  2. 以下のように、ハイライト表示 ⇔ 非表示の切替します。
    1. 表示するときは enable zenkaku と入力し、 Enterを押します。
    2. 非表示するときは disable zenkaku と入力、 Enterを押します。

enable zenkaku・disable zenkaku 入力は、ez と dz でOK

コマンドパレットから、enable zenkaku または disable zenkaku を入力するとき、実は ez または dz と入力するだけでOKなんです(それまで入力した履歴にもよるけど💦)。

enable zenkaku は、

ezと入力すれば、候補が表示されるので、で選択できます。便利です!

disable zenkakuは、

dzと入力すれば、候補が表示されるので、で選択可能です。便利です!

2文字入力だけですむので、ラクチンです(^^)v

new-zenkakuとは


new-zenkakuとは、全角スペースに加え、全角アルファベット・半角数字も、ハイライト表示する拡張機能です。拡張機能zenkakuをインストールとき、new-zenkaku拡張機能に気づく人も多いと思います。作者も同じ方です。

で、『何がどう違うんだ?』となったので、ちょっと試してみました。

比較してみます。まず、zenkakuは、、、

全角スペースのみハイライト表示です。

対してnew-zenakkuは、、、

全角スペースに加えて、全角アルファベット・全角数字もハイライト表示します。

全角アルファベット・全角数字のタイピングで誤入力が気になる人は、new-zenkaku拡張機能の方がよいかもしれません。

まとめ

Visual Studio Codeで、全角スペースをハイライト表示するには拡張機能zenkakuをインストールして、有効化して使います。

一度有効化すれば、ハイライト表示は、VSCodeを再起動しても、切り替えた状態が維持されるので、設定ファイルextension.jsの変更は不要です(Winだけ?)。

ということで、今日はVisual Studio Codeで、全角スペースをハイライト表示する方法でした。

半角スペース表示については、こちらをどうぞ。

VSCodeで、半角スペース & TAB を表示する方法
Visual Studio Codeで、半角スペース & TAB を表示する方法の説明。なお全角スペースを表示するには、拡張機能をインストールする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました