Atomで現在行の上に、新しい空白行を1回で追加するショートカットキー Windows編

Pocket

Atomテキストエディタでカーソルがある現在行の上に、新しい空白行を1回で追加するショートカットキーCtrl+Shift+Enterを知っていますか?例えば</div>終了タグのひとつ上の行に移動して文字を入力したい時がよくありますよね。その時あなたは「</div>タグの先頭でEnterキーを押して、キーを押して、Tabキーでインデントして……」と、3回キーボードを操作していませんか? 実はその操作を1回で可能にするショートカットキーがあります。ということで今日は、Atomで現在行の上に、新しい空白行を1回で追加するショートカットキーをお伝えしますね。とっても便利ですのでぜひ覚えてくださいネ。

それでははじめますね。

ショートカットキーと入力例

Windowsのショートカットキーは、Ctrl+Shift+Enterになります。

それでは入力例を見ていきましょう。例えば<div>タグを入力している時、こんな時はありませんか?

  1. <div></div>が縦に続けて並んでいて、
  2. カーソルが</div>にあって、
  3. その</div>の上に新しい空白行を作成して、文字を入力したい……

このときカーソルは</div>のある行であればどこでもよいので、キーボードでCtrl+Shift+Enterを入力してください。

すると、<div>と</div>の間に、新しい空白行が作成されました。しかもインデントされているので、そのまま文字を入力することができます。とても便利です。

まとめ

今日はAtomテキストエディタで現在行の上に、新しい空白行を1回で追加する便利なショートカットキーをお伝えしました。htmlを記述中には</div>をはじめとする終了タグのひとつ上の行に移動して、文字を入力したい時はよくあります。普通だと3回キーボードを操作しなければいけませんが、今日お伝えしたショートカットキーであれば1回で済みます。慣れるとものすごく便利ですので、ぜひ覚えて効率的にホームページを作成してくださいネ。

Pocket