BracketsライブプレビューでInternet Explolerブラウザを使うための簡単設定方法

スポンサーリンク

Windows7(残念ながらWindows8.1では不可能です。)であれば、BracketsのライブプレビューでInternet Explolerブラウザを使うことができます。方法は
・Internet Explolerを既定のブラウザにする
・試験ライブプレビューを有効
の設定をすることで簡単にできます。



ということで今日は、BracketsライブプレビューでInternet Explolerブラウザを使うための簡単設定方法の説明をしますね。

本当に残念ですが、Windows8.1では、Internet Explolerでのライブプレビューは不可能です。ご了承ください。

それでははじめますね。

Internet Explolerを既定のブラウザにする

まずは、Internet Explolerを既定のブラウザに設定します。なお
・htmlファイルをダブルクリックするとInternet Explolerで表示される
・Internet Explolerを既定のブラウザに設定してある
という人は、この設定を飛ばして試験ライブプレビューを有効にするに進んで下さい

話を戻して……、既定のブラウザに設定する方法はいくつかありますが、一番簡単な方法で説明しますね。

まずInternet Explolerを起動して下さい。

右上にある歯車アイコンをクリックして下さい。

インターネット オプションを選択して下さい。


ダイアログボックスが表示されます。

[プログラム]タブを選択して下さい。

[既定に設定する]ボタンをクリックして下さい。


[既定に設定する]ボタンが、選択できない状態になりましたね。

[OK]ボタンを押して終了です。

以上でInternet Explolerを既定のブラウザに設定する作業は終了です。次にBracketsの試験ライブプレビューを有効にします。

試験ライブプレビューを有効にする

Bracketsメニューバーの[ファイル]→[試験ライブプレビューを有効にする]を選択します。

試験ライブプレビューが有効になっているか、念のため確認しておきましょう。もう一度メニューバーの[ファイル]を選択してください。

試験ライブプレビューにチェックがついていますね。

では、Bracketsのライブプレビューを実行してみましょう。


Internet Explolerブラウザで起動しましたね。

ライブプレビューの詳しい使い方はこちらをどうぞ

html・cssの保存操作は不要! Bracketsライブプレビューの使い方
Bracketsエディタでhtml・cssファイルの編集・変更をした時に、「保存操作をしないでリアルタイムでブラウザーに反映し確認できる機能」であるライブプレビューの使い方の説明

まとめ

今日は、BracketsライブプレビューでInternet Explolerブラウザを使うための簡単設定方法の説明をしました。「既定のブラウザにする」「試験ライブプレビューを有効にする」という簡単操作で可能になります。ライブプレビューの使い方はこちらに詳しく書いてありますのでよければどうぞ→html・cssの保存操作は不要! Bracketsライブプレビューの使い方

本当に残念ですが、ライブプレビューはWindows7のみ可能で、Windows8では不可能です。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました