Atomテキストエディタのバージョンをダウングレードする方法

Pocket
[`evernote` not found]

Atomテキストエディタのバージョンアップをしたら何かのエラーメッセージが表示されるようになってしまった……などなど、なにかの事情でバージョンを元に戻したい……と思ったときはありませんか?ということで今日はAtomテキストエディタのバージョンをダウングレードする(=さげる)方法をお伝えします。

えっと、、、ダウングレードする前に……本来であればエラーとなっている原因をつきとめたうえで、Atomのバージョンをダウングレードする(=さげる)のか、他の対応をするのかを判断しなければなりません。それと基本は最新バージョンが好ましいです。そのことだけは忘れないでくださいね。

ということではじめますね。

まずは現在使用しているAtomのバージョンを確認しましょう。メニューバーの[ヘルプ]→[Atomについて]を選択してください。

私が現在使用しているAtomのバージョンは 1.7.0 ということがわかります。

次にAtomの公式サイトのリリースノート(≒バージョンアップの履歴)を見てみましょう。→Release Note

出典:Atom:Release notes

最初に表示されているのはBeta版ですね。

ちなみにBeta版≒試用版という感じです。試用版は通常のアップデート方法ではインストールされません。なので下の方にスクロールしていくと、Beta版ではない私の現在のバージョンである1.7.0 がありました。昨日リリースされたばかりです……

出典:Atom:Release notes

さらに下の方にスクロールしていくと 1.6.2 がありました。私の現在のバージョンである 1.7.0 の前に使用していたバージョンです。あなたが探す時も同じようにBeta版でないものを上から順に見ていって下さい。

出典:Atom:Release notes

ですので今回は「バージョンを 1.7.0 から 1.6.2 へダウングレードする説明」になります。ということで v1.6.2 という部分をクリックして下さい。すると、Atomのバージョン1.6.2をダウンロードする画面が表示されます。

出典:Atom:Release notes
出典:Release 1.6.2 ・ atom/atom ・ GitHub

画面内にある AtomSetup.exe をクリックしてください。ダウンロードがはじまります。

出典:Release 1.6.2 ・ atom/atom ・ GitHub
出典:Release 1.6.2 ・ atom/atom ・ GitHub

ダウンロードが終了したら、ダウンロード先フォルダを開いてください。

そしてここが重要ですが、Atomをすでに立ち上げている場合は、終了しておいてください。Atomが起動したままだとインストールができません。Atomが立ち上がっていないことを確認して、AtomSetup.exe をダブルクリックしてください。

インストールが終了するとAtomが自動起動します。

メニューバーの[ヘルプ]をみると、Versionが 1.6.2 となってバージョンがダウングレード(=さがって)いることが確認できます。

念のため[ヘルプ]→[Atomについて]をみてみましょう。

バージョンが 1.6.2 となってダウングレード(=さがって)いることが確認できます。

ちなみに私の場合は、Atomのバージョンをダウングレードする(=さげる)ことによって、パッケージのエラーメッセージが表示されなくなりました。

まとめ

今日はAtomテキストエディタのバージョンをダウングレードする(=さげる)方法をお伝えしました。バージョンアップをしたら何かのエラーメッセージが表示されるようになってしまった……などなど、なにかの事情でバージョンを元に戻したい時があると思います。その時に使ってくださいネ。ただし、基本は最新バージョンが好ましいことはお忘れなく。

Pocket
[`evernote` not found]