iPadで、VSCode WebからGitHubに接続した方法


iPadで、Visual Studio Code for the Webから、リモートリポジトリにGitHubを利用して、接続することができました。これで、iPadからVSCode for the Webが使えるようになります!

ということで、iPadで、Visual Studio Code for the WebからGitHubに接続した方法として、まとめておきます。

試行錯誤だったため、ぬけが発生しているかもしれませんが、よかったら、参考にしてください。

なお、すでにGitHubに、リポジトリを作成してある状態から、接続しています。

GitHubのプライベートリポジトリを作成し、アップロードしてみた
VSCode for the Webを、iPadで操作することにチャレンジ中の管理人。今日は、非公開であるGitHubのプライベートリポジトリを作成し、アップロードした報告です。

接続した方法


まず、iPadでEdgeアプリ(またはChromeアプリ)を開き、url入力欄に vscode.dev と入力し、

アクティビティビューにエクスプローラービューが選択されていることを確認して、

[Open Remote Repository] をタップし、


Open Repository from GitHub をタップすると、

The Extension ‘GitHub Repositories’ wants to sign in using GitHub. のポップアップが表示さるので、

[Allow] をタップします。タップ後に、もし The Browser interrupted the opening of a new tab or window. Press Open to it anyway のポップアップが、表示されたら[Open]をタップします。

Authorieze Visual Studio Code to access GitHubが、表示されるので、

[Continue]をタップし、

GitHubのユーザー名(またはemailアドレス)と、パスワードを入力し、

[Sign in]をタップします。

すると、VSCodeの画面になるので、

もう一度、[Open Remote Repository]をタップし、


Open Repository from GitHub をタップすると、


Chese a repository となったままでした。なので、一度、Edgeアプリを終了させました。これは本当は必要ないのかもしれません。

ということで再度、Edgeアプリを起動し、

①[Open Remote Repository] → ②[Open Repository from GitHub]と、タップすると、

やっと、リポジトリが表示されたので、

リポジトリを選択すると、

なんとめでたく、

リポジトリが表示されました!


htmlやcssの変更も可能に!

サインアウト


最後は、アクティビティバーのユーザーアイコン → リポジトリ(GitHub) → Sign Out で終了しまsiした。

まとめ

ということで、iPadで、VSCode for the Webから、リモートリポジトリにGitHubを利用して、接続することができました。

ついにこれで、iPadからVSCode for the Webが使えるようになります!

試行錯誤だったため、ぬけが発生しているかもしれませんが、よかったら、参考にしてください。

後日、iPadから、編集などもやってみて、またご報告しますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました