BracketsライブプレビューでFirefoxブラウザを使うための簡単設定方法

スポンサーリンク

BracketsのライブプレビューでFirefoxブラウザを使うためには、
・Firefoxを既定のブラウザにする
・試験ライブプレビューを有効
の設定をすることで簡単にできます。




htmlやcssファイルを保存しないでブラウザで確認できる便利なライブプレビューを「Firefoxでも使いたい!」という人は多いハズ。簡単に設定できますので、やってみてください。ということで今日はBracketsライブプレビューでFirefoxブラウザを使うための簡単設定方法です。

Firefoxを既定のブラウザにする

まずは、Firefoxを既定のブラウザに設定します。なお
・htmlファイルをダブルクリックするとFirefoxで表示される
・Firefoxを既定のブラウザに設定してある
などなど既に設定済みというあなたは、試験ライブプレビューを有効にするに進んで下さい

話を戻して……、既定のブラウザに設定する方法はいくつかありますが、一番簡単な方法で説明しますね。

まずFirefoxを起動してください。

画面右上にある[メニュー]アイコンをクリックして下さい。


メニューが表示されました。

ここで[オプション]アイコンをクリックします。


一般設定画面が表示されます。

ここで[既定のブラウザにする]ボタンをクリックします。

[すべて選択]にチェックします。

[保存]ボタンをクリックします。

以上でFirefoxを既定のブラウザに設定する作業は終了です。次にBracketsの試験ライブプレビューを有効にします。

試験ライブプレビューを有効にする

Bracketsメニューバーの[ファイル]→[試験ライブプレビューを有効にする]を選択します。

試験ライブプレビューが有効になっているか、念のため確認しておきましょう。もう一度メニューバーの[ファイル]を選択してください。

試験ライブプレビューにチェックがついていますね。

では、Bracketsのライブプレビューを実行してみましょう。


Firefoxブラウザで起動しましたね。

ライブプレビューの詳しい使い方はこちらをどうぞ

html・cssの保存操作は不要! Bracketsライブプレビューの使い方
Bracketsエディタでhtml・cssファイルの編集・変更をした時に、「保存操作をしないでリアルタイムでブラウザーに反映し確認できる機能」であるライブプレビューの使い方の説明

まとめ

今日は、BracketsライブプレビューでFirefoxを使うための簡単設定方法について説明しました。「Firefoxを既定のブラウザに設定」「試験ライブプレビューを有効にする」という2つのことで簡単にできます。ちなみにライブプレビューの使い方はこちらに詳しく書いてあります→「html・cssの保存操作は不要! Bracketsライブプレビューの使い方」。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました