VSCodeエディタの行を、右端で折り返す方法


Visual Studio Codeで、メニューバー[表示] → [右端での折り返し]をやっているのに、他のファイルを開いたりすると、エディタの行を、右端で折り返していない! ということがありませんか?

あっ、私ですけど(~_~;)

というわけで今日は、Visual Studio Codeのエディタの行を、右端で折り返す方法の説明をしますね。

行を、右端で折り返す方法


エディタの行を、右端で折り返すには、設定項目の[Editor: Word Wrap]と[Editor: Word Wrap Column]との値を変更します。

以下の手順で、2つの設定項目を表示します。

  1. Ctrl + , で、 [設定]画面を開き、
  2. [設定の検索]に、Editor: Word Wrap と入力すると、
  3. [Editor: Word Wrap]と[Editor: Word Wrap Column]の設定項目が、表示される。

そして、2つの設定項目を設定していきます。

1つめ、、、

[Editor: Word Wrap]を、以下の中から選択します。

  • off:折り返さない(デフォルト)。
  • on:ビューポート(≒画面の大きさ)で、折り返す。
  • wordWrapColumn:設定項目[Editor: Word Wrap Column]の値で、折り返す。
  • bounded:ビューポート(≒画面の大きさ) または 設定項目[Editor: Word Wrap Column]の値のうち、いずれかの小さい方で、折り返す。

さらに上記で wordWrapColumn または bounded を選択した場合は、2つめ、、、

[Editor: Word Wrap Column]に、折り返したい桁位置を入力します。

例をいくつかご紹介します。

[Editor: Word Wrap]が on の場合


たとえば、[Editor: Word Wrap]を on にすれば、ビューポート(≒画面の大きさ)に応じて、行を折り返します。

ビューポート(≒画面の大きさ)が小さいときは、こんな感じだったり、、、

逆に大きいときは、こんな感じになったりします。

このように、、、

画面分割したりして、左右のビューポートの大きさが違うときに、便利です。必ず見える範囲で折り返してくれるので。

[Editor: Word Wrap]が wordWrapColumn の場合


[Editor: Word Wrap]を wordWrapColumn にして、[Editor: Word Wrap Column]を 80 にすれば、必ず80桁で行を折り返します。

こんな感じです。

桁表示がないので、80桁か分かりづらいけど💦

必ず、自分が指定した桁で折り返したいときに使うと便利です。

[Editor: Word Wrap]が bounded の場合


[Editor: Word Wrap]を bounded にして、[Editor: Word Wrap Column]を 80 にすれば、以下のいずれかの条件のときに、行を折り返します。

  • 80桁で表示できるビューポート(≒画面の大きさ)より小さい場合は、ビューポート(≒画面の大きさ)に応じて折り返し。
  • 80桁で表示できるビューポート(≒画面の大きさ)より大きい場合は、80桁で折り返し。

80桁で表示できるビューポート(≒画面の大きさ)より小さい場合は、こんな感じで、、、

80桁で表示できるビューポート(≒画面の大きさ)より大きい場合は、こんな感じです。

ちょっとややこしいですが、画面分割したりして、左右のビューポートの大きさが違うときに、『基本は80桁で折り返したい。ただしそれよりもビューポートが小さくなるときがあるので、そのときはビューポートに応じて折り返したい』というときに、[Editor: Word Wrap]を bounded にするのかも…

一時的に解除するには


右端で折り返す設定を、一時的に解除するには、メニューバー[表示] → [右端での折り返し]のチェックを外します。


これによって、選択しているファイルだけ(画面分割しているときは、選択した画面だけ)が、右端で折り返す設定を一時的に解除することが可能です。

VSCodeを再起動したときには、元に戻って、設定画面で設定した[Editor: Word Wrap]と[Editor: Word Wrap Column]が有効になります。

おすすめ

今のところのおすすめは、[Editor: Word Wrap]が on または bounded かなという感じです。左右の画面の大きさが異なるときに、便利なので。

まぁでも、人によって環境はことなるので、かなり主観的ですが…

というわけで、Visual Studio Codeのエディタの行を、右端で折り返す方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました