AtomのMarkdownエディターのフォントを変更する方法

Atomで、Markdownエディターとして使う時だけフォントを変更することができます。

つまり、以下のことが可能になります。

  • 文章メインのMarkdownエディターとして使う時には、プロポーショナルフォントを使う
  • HTML・CSS・Javascriptなどプログラミングエディターとして使う時には、等幅フォントを使う

なお、通常のプログラミングエディターとして使用するときの設定方法はこちらをどうぞ。

Atomテキストエディタのフォントを簡単に変更する方法
Atomテキストエディタのフォントは、コア設定画面の「フォント」欄にフォント名を入力して、Atomを再起動することで簡単に変更できます。 Atomで初期設定されているフォントもそこそこカッコいいですよね。しかし...

前置きが長くなりました。ということで、はじめますね。

このページの目次

作業前に

っと、作業前に…使いたいプロポーショナルフォントは、自分のPCにインストールしておいてくださいね。

なおWindowの場合は、メイリオ・游ゴシックであれば、デフォルトでインストールされているので、特にインストールする必要はありません。

Macは持っていないで、確認できませんが、ヒラギノ角ゴシック・筑紫A丸ゴシックであれば、デフォルトでインストールされているハズなので、特にインストールする必要はないハズです。

変更方法


メニューバー[ファイル] → [スタイルシート]を選択すると、styles.lessが開くので、(上図の赤枠のように)以下の記載をし、保存します。

// language-gfm
atom-text-editor[data-grammar="source gfm"].editor {
  font-family: VL PGothic ;
}

font-family: のあとに、自分が表示したいフォントを指定します。上記では、VL PGothic(VL Pゴシック)というプロポーショナルフォントを設定しています。

メイリオであれば、以下のようになります。

// language-gfm
atom-text-editor[data-grammar="source gfm"].editor {
  font-family: メイリオ ;
}

游ゴシックであれば、以下のようになります。

// language-gfm
atom-text-editor[data-grammar="source gfm"].editor {
  font-family: 游ゴシック ;
}

まとめ

最近まで、Markdownエディターで、等幅フォントを使っていたのですが、やはり文章の場合はプロポーショナルフォントの方が、良い感じです。

いまはVL PGothic(VL Pゴシック)を使っていますが、他にもいろいろ試してみます。

よいのがあったらまたご報告します。

よかったら、やってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました