これからはじめるPhotoShopの感想【1回目】

Pocket

これからはじめるPhotoShopを、練習ファイルを使いながら、本の説明通りに操作して、合計6時間ほどで、1回目終了しました。

感想としては、とりあえずPhotoShopを操作できるようになる。けど、レイヤーマスクが理解できない…という感じです。

というわけで、今日は「これからはじめるPhotoShop」を1回目やりおえた感想を、ご報告します。

ただしボクは、GIMP歴は約4年、若干そのあたりも踏まえた感想になります。

「これからはじめるPhotoShop」を購入した理由

「これからはじめるPhotoShop」を購入した理由。それは「Photoshopしっかり入門」を最初に購入したけど、いきなり細かすぎて、挫折したからです。

というわけで「Photoshopしっかり入門」を購入したけど、いきなり細かすぎて、挫折…って感じの人にはいいかとおもいます。ってボクのことですけど💦

GIMPなどを触ったことがない、画像加工アプリ初心者でも、同様だと思います。

できるようになったこと

「これからはじめるPhotoShop」を使ってから、以下のことが、Photoshopで、できるようになりました。

  • 写真の切り抜き
  • 簡単な文字入力
  • ぼかし処理
  • 明るさ調整
  • ホワイトバランス調整

といっても、これらはボクが、ど素人ながらも、これまでGIMPで、メインにやっていた画像加工処理ですが…

さらにGIMPと操作が違うため、本を見ながらでないと、まだまだできない…

『だったらGIMPでいいんじゃない?』という人もいるかと思います。

が、それでもボクは、Photoshopに、感動しました。

Photoshopに、感動したこと

Photoshopに、感動したことは、文字入力と線描画です。GIMPと比較して、PhotoShopでの文字入力と線描画は、こんなに簡単なのか! って感じです。

あとボクは、Adobe Creative Cloud契約なので、画像に利用する美しいフォントを無料でつかえることに感動!

ボクはPCは、Windowsなので、GIMPでホームページやブログで使う画像に文字を入れるときには、フリーフォントを使うしかありませんでした。

しかしPhotoShopをつかえば、美しいフォントを使いたい放題(は、いいすぎか💦)です。

もちろん商用利用も可能。

ってわけで、もっと早くPhotoShop使っていれば…と思うほどです。

よくわからかったこと

よくわからかったことは、レイヤーです。とくにレイヤーマスクが、よくわかりません…

5章の写真合成では、レイヤーをつかって、進めていくのですが…ぶっちゃけ何をやっているのかわからん…って感じでした。

レイヤーをつかって、あれこれやっているのですが、よく分からないのです。

というわけで、重い腰を上げて『とりえあず、Photoshopしっかり入門を、読んでみるか…』となりました…

まとめ

というわけで、今日は「これからはじめるPhotoShop」を1回目やりおえた感想の、ご報告でした。

ボクみたいなノンデザイナーで、まわりに誰もPhotoshopを教えてくれる人がいない人には、良い本だと思います。

ただしできるようになることは、あくまで基本的なことです。

さらにPhotoShopを使いこなしていきたい人には、やはりもう少し細かい入門書が必要だと感じています。

てなわけで、ちょっと細かい「Photoshopしっかり入門」にチャレンジしてみるつもりです。

また、ご報告しますね。

Pocket