Bracketsのminimap拡張機能プラグインの使い方【応用編】

Pocket

Bracketsのminimap拡張機能プラグインで、ミニマップを縦(=垂直)位置・透過表示・表示倍率・横幅などを変更する応用的な使い方の説明をしますね。 前回は、minimap拡張機能プラグインの使い方の基本をお伝えしました。今回は、「さらに便利に使うために知っておいて損はない」という応用編をお伝えします。

2016年9月23日追記!!! 管理人はミニマップ表示にBluePrint Beta拡張機能プラグインをおすすめしています。

BracketsのミニマップはBluePrint Beta拡張機能プラグインがおすすめです

なので、minimap拡張機能プラグインについて『まずは基本的なことを知りたい!』とか『使い方がイマイチわからない……』という人は、先にこちらをどうぞ。

Bracketsのminimap拡張機能プラグインの使い方【基本編】

minimap拡張機能プラグインの「大まかな特徴」または「インストール方法」について知りたい人は、こちらをどうぞ

Bracketsのminimap拡張機能プラグインの特徴・インストール方法

それでははじめますね。

ミニマップの縦(=垂直)位置を下げる時

Bracketsで「タブ」を表示している時などに、ミニマップの縦(=垂直)位置を、下げてそろえる時に使います。

操作は、ミニマップの上部(へマウスを移動すると半透明になる部分)をクリックしてください。ミニマップの縦(=垂直)位置を下げて表示することができます。(再度クリックすると通常の位置に戻ります。)

くわしい操作方法はこちら

ミニマップの縦(=垂直)位置を下げる時

ミニマップの垂直(縦)位置を通常に戻す時

ミニマップを透過表示する時

エディタ部分にカーソルがあるときに、ミニマップを透過(=すきとおして)表示することができます。

操作は、ミニマップのスライドバー(=半透明の部分)上で、マウスホイール(=マウスの中央にある車輪みたいなやつ)を押してください。(再度、ミニマップのスライドバー上でマウスホイールを押すと、透過表示しなくなります。)

くわしい操作方法はこちら

ミニマップを透過表示していない時 ミニマップを透過表示します。

ミニマップを透過表示している時 ミニマップを透過表示しなくなります。

なお次で説明する「透過度の変更」において「0%(=なし)」に設定した時には、この操作をしても透過表示できません

ミニマップの透過度を変更する時

ミニマップを透過表示する時の透過度(=すきとおり度)を変更できます。透過度は0%-80%で設定できます。

操作は、ミニマップ上でShift+マウスホイール(=マウスの中央にある車輪みたいなやつ)をくるくる回してください。

くわしい操作方法はこちら

ミニマップ上で、Shift+マウスホイール↑

ミニマップ上で、Shift+マウスホイール↓

ミニマップの表示倍率を変更する時

ミニマップの表示倍率を変更できます。表示倍率は、1/2~1/10まで変更できます。

操作は、ミニマップ上でCtrl+マウスホイール(=マウスの中央にある車輪みたいなやつ)をくるくる回してください。

くわしい操作方法はこちら

表示倍率大 Ctrl+マウスホイール↑

表示倍率小 Ctrl+ マウスホイール↓

ミニマップの横幅を変更する時

ミニマップの横幅を変更できます。

操作は、ミニマップ左端にマウスをあてて、ドラッグしてください。

くわしい操作方法はこちら

まとめ

今回は、minimap拡張機能プラグインで『縦(=垂直)位置を下げたい』とか『透過表示したい』『表示倍率・横幅を変更したい』といった応用的な使い方・操作方法をお伝えしました。 minimap拡張機能プラグインには、かなりの数の設定項目があるので、操作をしているうちに管理人の頭は混乱します\(゜ロ\)(/ロ゜)/。 ということで、管理人と同じように頭が混乱してしまう人は、今回の記事と前回のミニマップ拡張機能プラグインの使い方【基本編】をあわせて参考にしてください。ゆっくりやってくださいネ。

Pocket