Brackets 1.10へのバージョンアップデート方法 Windows編

Pocket

Bracketsが、2017年7月7日にVer1.10へバージョンアップ&リリースされました。なので今日はVer1.10へのアップデートの操作方法の説明をしますね。 とっても簡単ですのでチャレンジしてみてくださいネ。なお全てのバージョン(Ver1.9・Ver1.6・Ver1.7・Ver1.8)からのアップデートも同様の操作です。 またVer1.9で発生していた「フォントが変更できない不具合」も修正され、Ver1.8以前通りにあなたの好きなフォントでコーディングすることができます。

なお、Brackets1.10を新規インストールする場合はこちらからどうぞ。

Bracketsを初心者がインストールする方法 Windows編

でははじめます。

Ver1.10のアップデート内容

Ver1.10のバージョンアップデートで大きく変わった8点について、取りまとめ中です。今しばらくおまちくださいm(__)m とりまとめました!!!

Brackets 1.10のバージョンアップデート内容

Ver1.10へのバージョンアップ画面の表示方法

Bracketsをすでに使用している場合は、Bracketsからバージョンアップ操作をするのが簡単です。

Brackets バージョンアップ画面(利用可能なアップデートがあります)の表示方法

Ver1.10のモジュールをダウンロード&アップデート

それではVer1.10のモジュールをダウンロードしてアップデートをしていきましょう。

まずバージョンアップ画面で[すぐに入手する]ボタンを押してください。Brackets.ioのサイトへ自動的に移動します。

[Download Brackets 1.10]のボタンをクリックしてください。 出典:http://brackets.io/
© 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

ダウンロードがはじまりますので、終わったら[フォルダを開く]を選択して、 © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

ダウンロードファイルをダブルクリックしてください。

ダブルクリックした後は、こちらにまとめてあります。

Brackets Installerでバージョンアップデート(更新)する時の操作手順 Windows編

Brackets1.10へのバージョンアップはできましたか?

まとめ

今日は2017年7月7日にリリースされたBrackets1.10へバージョンアップデートをお伝えしました。前回から約6カ月でのバージョンアップなので、まだVer1.9を使用中で『Ver1.10へアップデートしようか、どうしようかな……』という人もいるかと思います。 バージョンアップ自体はとっても簡単です。またVer1.9で不具合があった「(コーディング)フォント設定ができなくなる」という点も改修されているので、可能であればバージョンアップした方がいいかと思います。 万が一、アップデートした後に『やっぱり以前のバージョンに戻したいんだけど……』といった時には、こちらの記事を参考に前のバージョンへ戻してくださいネ。こちらも簡単な操作で可能です→Bracketsをダウングレードする(前のバージョンへ戻す)方法 Windows編

Pocket