GIMP2.10になったけど、「GIMPのドリル」はつかえるか?

Pocket

GIMPのバージョンが2.10になったけど、「GIMPのドリル」はつかえるのか? と思っている人はいませんか?

「GIMPのドリル」は、Ver2.6で説明しています。なので、Ver2.10.10 で「GIMPのドリル」に書いてあるとおりのことができるか検証してみました。

結論から先にいうと、

ほぼ問題なく「GIMPのドリル」に書いてあるとおりのことができます。

では、はじめます。

検証したきっかけ

検証したきっかけは、英語だったGIMPのメニューバーの文言が、Ver2.10.10へバージョンアップして、日本語になったからです。

もうすこしくわしくいいますと、ボクは、GIMPのVer2.8を長年使用していていました。GIMPを使えるようになったのは、もちろん「GIMPのドリル」のおかげです。

GIMP初心者は入門書としてどの本を買えばいいのか?おすすめといわれている人気の3冊を購入してみました
GIMPのドリル!で画像加工のど素人&初心者ができるようになったこと【1年半後編】

できればVer2.8をこのまま使いたかったのですが、起動がおそいなどいろいろ問題がでてきたため、今年の2月頃からやっとVer2.10.8を使うようになりました。

しかし、Ver2.8と違って、V2.10.8では、[色]メニュー、[フィルター]メニューが英語になったままでした。

たとえば、フィルターメニュー内は、以下の通りです。

  • [ぼかし] → [Blur]
  • [モザイク処理] → [Pixelize]
  • [ガウスぼかし] → [Gaussian Blur]

ってな感じです。

もちろん、これ以外にも英語メニューがならぶので、正直、目が回ってしまっていました。

なので「GIMPのドリル」でも、44ページ目以降は、日本語を英語へ翻訳しながらやる必要がありました。

いやー「GIMPのドリル」って、ボクみたいな素人を対象にしているわけだから、これはちょっときついなぁー。もう「GIMPのドリル」はおすすめできないなぁ

って感じでした。

そんな矢先、4月7日に、Ver2.10.10へマイナーバージョンアップしたという情報が入ってきました。

なのでインストールすると、メニューバーのフィルターが日本語になっている!!!

ということで、「あっ、GIMPのドリル、また使えるかも!」ということで検証してみたわけです。

検証した結果

検証した結果、ほぼ問題なく「GIMPのドリル」に書いてあるとおりのことができることがわかりました。

ちょっとできなかった(もしくは違う)ところは、

  • アイコンが2.6と2.10.10で、若干違う
  • 93ページのパターンファイルの保存方法
  • パスツール関連

という感じです。まぁでもこれは Ver2.8 でも同じだったかと記憶しています。

現在でも、GIMPのドリルが最適

現在でも「画像加工編集ソフト自体が未経験でGIMPをはじめて使う」人にとって、「GIMPのドリル」が最適かなと、あらためて実感しました。

というのも先日書店へいって、GIMPコーナーをみましたが、今でもGIMPの本が、ほとんどありませんでしたし。

こちらのVer2.10も持っているのですが、「画像加工編集ソフト自体が未経験でGIMPをはじめて使う」人には難しいかと………

ボクはブログに掲載する画像を編集することが、ほとんどです。そしてそれは「GIMPのドリル」に掲載されていることで、こと足りています。

もちろん、日々ステップアップしなければいけないので、今後はもっと他のGIMPの本でステップアップしていきたいですが。

みなさんに抜かれないように、日々精進していきます

みなさんに抜かれないように日々精進していきます(^^;)

とりあえず、ここ数ヶ月以内で、作った画像の中で、一番よさそうなのをピックアップしてみました。

コチラの画像は、Wikipediaのイタリア地図と、無料画像を組み合わせてつくりました。 著作権者TUBSさんのマルケ州画像を元に作成 [CC BY-SA 3.0]、via Wikimedia Commons

こちらは自分で撮影した写真に、イラストを組み合わせてつくりました

GIMPのドリルをやれば、これくらいの画像であれば、みなさんすぐにできるようになります。

最後に「GIMPのドリル!」のamazonへのリンクをつけておきますねー→ GIMPのドリル!のカスタマーレビュー

それでは!

Pocket