Bracketsでカーソルのある行(現在行)を強調表示する設定

Bracketsのエディタ画面でカーソル行(現在行)を強調表示するには、メニューバー[編集]→[アクティブな行をハイライト]を選択します。


Bracketsで画面分割を利用して、htmlやcssなどの複数ファイルを編集していて、画面を切り替えた瞬間に『あれっ? カーソルはどこだ? どこにいたんだけ?』なんて時がよくありませんか? まぁ私なんですけどね(一一”)

ということで、今日はBracketsでカーソル行(現在行)を強調表示する設定方法をお伝えしますね。

といっても設定方法は簡単で、メニューバーの[表示]→[アクティブな行をハイライト]を選択するだけです。

念のため、もう一度メニューバーの[表示]を確認してみると……

[アクティブな行をハイライト]のところにチェックがついていますネ。

それでは[アクティブな行をハイライト]が無効と有効との時では、どれくらい違いがあるかを比較してみましょう。

無効の時

有効の時

えっ? 「あまり効果があるようには思えない」ですか(^^ゞ

例えば、以下のような場合に、カーソル行(現在行)を強調表示しているとすっごく便利ですΣ(・ω・ノ)ノ!。
画面分割を利用している時
Ctrl+Tabでファイルを切り替えた時
ライブプレビューでブラウザーからBracketsエディタ画面に戻ってきた時

『あれっ? カーソルはどこだ?』とカーソルを探す目の移動負担が少なくなります。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました