GIMPで、青みがかった写真を、修正する方法

Pocket

GIMPで、青みがかった写真を、修正するには、メニューバー[色] → [レベル]より、[Pick white point for all channels]アイコンを選択し、写真の白い(と思われる)場所をクリックします。

修正方法

もう少し細かく説明しますね。

メニューバー[色] → [レベル]を選択すると…

[レベル]ダイアログボックスが表示されるので、[Pick white point for all channels]アイコンを選択すると…

[+]とスポイトになったカーソルが表示されます。写真の白い(と思われる)場所に、[+]をポイントして、クリックします。

白くなりすぎてしまったら

白くなりすぎてしまうなど、色合いがイマイチの場合は、写真の白い(と思われる)場所のクリック位置を変えてみてください。色合いが変わります。

ここから、

ここをクリックすると、、、 ナポレオンの顔が、はっきりします。こちらの方が良さそうです。

こんな感じで、位置を変えながら、自分のイメージしている色を探してください。

青みがかった写真とは

青みがかった写真は、ホワイトバランス(=色温度)の調整がうまくいっていないときに、発生します。

ホワイトバランスの詳しい説明はこちらをどうぞホワイトバランス | 撮影の基礎知識 | デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ | 活用ガイド | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー

ボクは、ホワイトバランス(=色温度)は、スマホで自動設定にしています。にもかかわらず、よく青みがかった写真になってしまいます。

調整することもできるのですが、瞬間的に撮ることが多いため、そこまで手が回らず、、、ということで、お世話になることが多いです。

それでは!

Pocket