診断は1日がかり。結果は腰椎椎間板ヘルニア リハビリ期間は3~9か月

Pocket

2018年5月16日、埼玉の田舎町から都内の整形外科へ行ってきました。行った理由はこちら→ 5月14日朝 洗面所で顔を洗っていると左腰に激しい激痛が……立つ・歩く・座る・寝ることができなくなった

診断は1日がかりで、結果は腰椎椎間板ヘルニア。一般的に聞くあのヘルニアです。リハビリ期間は3~9か月。ショック(>_<)

今日はそのご報告です。

診断の流れ

診断の流れは、

レントゲンを撮る→ドクター診断→リハビリ体操→MRI撮影→MRI画像をドクターがみて最終診断→薬局

というものでした。朝9時30分から診察が始まって、最後に薬局で薬をもらったのが夕方17時。なので1日がかりでした。

レントゲン写真を撮る

9:30過ぎから、まずはレントゲン写真の撮影から始まりました。5枚撮影とのことで、始めたのですが、痛くって痛くって。まぁ我慢しながらいろいろなポーズで撮影しました。

ドクター診断

ドクターがレントゲン写真をみて、さらに足を持ち上げて力が入るかどうか確認しました。

「左マヒ 〇※?」なんだかよくわからに言葉を、カルテ入力スタッフがカタカタとパソコンに打ち込んでいました。

ドクターは「ヘルニアだね。MRIで最終確認します。あと左足が少しマヒしているので、痛みも激しいと思います。なので強めの痛み止めの薬をだしておきます。」とのこと。ま、ま、まじ(;・∀・)

1回目のドクターの診断はそれでおわり。あとはサポートスタッフがあらわれて、MRI撮影についての説明、リハビリの説明をされました。

MRI撮影は、約2時間後。『あーあこんなんだったら、いろいろ暇つぶしの本を持ってくるんだった』と思いつつ『つうか、座っても痛いんだからどこでどうしてろってんだ!Σ(・ω・ノ)ノ!』という感じでした。

ということでリハビリへ。

リハビリ体操

ということでリハビリ体操を教えてもらいに、別フロアへ。教わったのはこちら。

まだ炎症がはげしく、本格的なリハビリはできないようです。「リハビリ体操をやっていて、痛いようであればすぐにやめてくださいね」と言われました。

次回は1週間後を目安にリハビリに来てくださいとのことでした。5月21日にリハビリで行くことにしました。

MRI撮影

13時過ぎからMRI撮影開始。横になっているだけでお尻が痛いのですが我慢して、なんとか約20分の撮影が終了。生まれて初めてのMRIでした。

MRIってうるさいんですね。

MRI画像をドクターがみて最終診断

15:45分ごろから、MRI画像をドクターがみて最終診断。「ヘルニアで間違いないね。まぁ軽いヘルニアなので手術の必要はないでしょう」とのこと。ガ、ガクッ(+o+)

ということで、リハビリで治していくことになりました。

薬局へ

16時過ぎにちかくの薬局へいきました。ドクターが「左足が少しマヒしているので、痛みも激しいと思います。なので強めの痛み止めの薬をだしておきます。」とのことだったので。

その薬局で処方されたのが「セレコキシブ」と「プレガバリン」の2つ

薬局へ薬をもらいに行くと「プレガバリンは、副作用がでるときがある」とのこと。こちらとしては、歩けない・寝れないというじょうたいなので、副作用どころではないわけでして( ̄▽ ̄)

つうわけで、朝9時30分から診察が始まって、最後に薬局で薬をもらったのが夕方17時。なので1日がかりでした。

2~3日後の経過状況

リハビリ体操をはじめて2日ほど経ちましたが、なかなか状況はかわらず……痛み止めの薬も効いてんだかわからないです。なんといっても、横になって寝ようとすると、どの体勢になっても「左腰から左お尻」にかけての部分が痛くて寝れないというのがつらいです(T_T)。痛くて目が覚めますしね。

まぁ、泣いてもどうにもなんないんで、なんとか5月21日まで、リハビリ体操やってみます。

2018/5/21 毎日& 常時、腰に激痛がはしり、気持ち悪くなってしまうことを訴えて、病院で鎮痛剤の量を6倍に増やしてもらいました。

スタンディングディスク

こんなに腰痛がひどい状況になる前に購入したスタンディングディスクの件ですが……

スタンディングディスクは先日とどいたのですが、この状況では出すこともできず……玄関先に置いたままの状態です。なんてこったい(-_-メ)

ちなみにこの記事は、リハビリで教わった「反り座り」を食卓でしながら、書いています。

それではまた(T_T)

Pocket