ノートパソコンを購入前にスペック(≒性能)調査をすると、購入時にはデザインだけで選びやすくなるって知っていますか?

Pocket

ノートパソコンを購入前にスペック(≒性能)調査をすると、購入時にはデザインだけで選びやすくなるって知っていますか?

なぜそうなるかというと、

  1. スペック(≒性能)が同じだと、どのパソコンメーカーも価格は、ほぼ同じ
  2. なので選ぶのはデザインのみ

ということになるからです(少なくとも管理人はそうなりました)。

結果として管理人は、デザインで一番気に入ったノートパソコンだったSuface Laptopを購入しました。みなさんの参考になると思うので、今日は、そのお話をしますね。

スペック調査

管理人はノートパソコンを購入する前、「自分がそのノートパソコンで何をするのか?何のアプリをしようするのか?」を明確にしました。そして、必要なスペック(≒性能)を調査しました。

結果、購入するノートパソコンには、以下のスペック(≒性能)が必要であることが判明しました。

OSは64bitのWindow10、CPUはCorei5、メモリは8GB、ハードディスクはSSDの256GB

ちなみにスペック(≒性能)要件を調査した様子はこちらの記事にまとめてあります。

その結果、あることに気がつきました。

気づいたこと

購入前に、ノートパソコンのスペック(≒性能)要件を調査していた時に、あることに気がつきました。それは

スペック(≒性能)が同じだと、どのパソコンメーカーも価格は、ほぼ同じだなぁということでした。

今回管理人は、持ち運びができる……いわゆるモバイルのノートパソコンを探していました。そして、今回管理人が購入する際に候補となった(MS-Office製品付き)パソコン価格を以下にあげますと、、、

Suface Laptop

158,544円(税込)。Microsoftが展開するSufaceシリーズの1つ。Laptopは10Sから10Proに無料でアップデートできます。

DELL XPS13

164,980円(税込)。管理人も直近で2世代連続して使っているPC通販No1のDELL。

NEC LAVIE Direct HZ

173,800円(税込)※カスタマイズ価格。軽さで定評のあるNECも調べてみました。

他にも候補はありましたが、やはり価格は似たり寄ったりです。

ちなみにMacBookは、本体価格が154,224円(税込)になります(Office Home & Business 2016 for Mac:37,584円をあわせると191,808円になりますが……)。MacでOffice製品を使うか微妙ですけど、使わないとすればやはり価格はほぼ同じになることがわかりますね。

『スペック(≒性能)要件から、購入するパソコンの候補をあげていくと価格はどのメーカーもほぼかわらないんだなぁ』ということに気がつきました。

ということは、あとは自分の好きなデザインだけを気にして選びやすくすることができる!ということになるわけです。

価格が同じならデザインで選ぶ

スペック(≒性能)要件を調査すると市場価格がわかります。なので、「価格が同じならデザインで選ぶ」という教訓に行きつき、MicrosoftのSuface Laptopを選び購入しました。

ちなみに今までは管理人は『えい!やぁ!』で購入していたので、そんなことは考えていませんでした(~_~メ)

デザインでMicrosoftのSuface Laptopを選んだのは自分の直観力を活かしました。ヨドバシカメラに、プラプラ~とノートパソコン売り場に行って『カッコいいのはどのパソコンかなぁ』とながめて、『MicrosoftのSuface Laptopが一番かっこいいなぁ』と思ったので決めました(厳密にいうとMacBookが一番カッコよかったですが(~_~メ)……)。

念のため、とりあえず一晩考えて、翌日MicrosoftのSuface Laptopを購入してしましました。

まとめ

先日友達のリンゴさんに、「ノートパソコン選びを手伝ってほしい」と言われました。なので、この手法を取り入れてやってみますね。結果はご報告しますね。

それでは!

Pocket