目がジンジン痛むブルーライトの悩みから解放してくれた液晶ディスプレイ

Pocket

目がジンジンするブルーライトに悩まされて何年たったのだろう……それが「I-O DATA ブルーライト低減機能付き液晶ディスプレイ」を購入して、使いはじめたことにより劇的な変化が、管理人に訪れました。 目の奥がジンジンしない!痛くない!!今までの悩みは何だったんだ!!!という感動が起きてきます。

モニターの価格は13,980円。JINSなどで度入りのブルライトカット眼鏡を購入するよりはるかに安い!!取り急ぎ「I-O DATA モニター ディスプレイのAnazonでのカスタマーレビューを見たい方はこちらをどうぞ→I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB

現在は「パリミキで購入したメガネ」と「I-O DATA ブルーライト低減機能付き液晶ディスプレイ」を使用して、快適に1カ月以上作業しています。この状況を、管理人と同じように、ブルーライトで悩んでいる人に、確信をもってみなさんにお伝えすることができます。

パリミキで購入したメガネのパリミキでブルーライトカット眼鏡を購入した時の経緯はこちらです。

ちなみに以前ご紹介した「ミドリ安全のブルーライト対策眼鏡 MM21 クリップオン式」は、まったく使用しておりません。

さらには、めぐりズムも使用していませんΣ(・ω・ノ)ノ!

というわけで今日は、「購入した経緯」「使用感」「ブルーライトカットの調整パターン」をみなさんにお伝えしますね。

液晶ディスプレイを購入した経緯

そもそもなんで、液晶ディスプレイを購入したかというと……ご覧のとおり愛用のパソコンのモニターがなんだかフィルムがはがれているみたいになって、というか壊れて、もはや作業するのに堪えられなくなったのです。 撮影技術が未熟なので、ちょっと説明しますと「画面中に泡みたいのがでてきてしまっている」「画面右下が勝手にあかるく光っている」などなどもうボロボロ……

時には、残像が残ってしまい、説明画面のキャプチャがまともに取れない状況になり、『これはもう、液晶ディスプレイを購入しないとだめだな』と購入する決意に至ったわけです。

I-O DATAのモニターディスプレイを選んだわけ

というわけで、急いでいたのでモニターを購入しなければと急いでいたので、特にI-O DATAにしようと決めていたわけでなく、Amazonで『どの液晶ディスプレーにしよう……』と選んでました。しかし……わからん。。。

とりあえず評価★4つで、レビューも「充分」「コスパ最強!」「価格相応ですが良品です!」などあった、感じの良い「I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB (広視野角/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)」にしました。Anazonのカスタマーレビューはこちら→I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB

『I-O DATAは、日本のメーカーだし、SEをやっていた20年前から知っているし、信頼できるからまぁいいや』という管理人の適当さもありましたけど(^^;

使用感は『あれっ? そういえば目がジンジン痛くない!』

『あれっ? そういえば目がジンジン痛くない!』と気がついたのは使い出してから1週間くらい過ぎてからでした。

というのも、ちょっと忙しいこともあり、到着後、さっそくI-O DATA モニター ディスプレイを取り付けて、作業しはじめていたからです。

1週間くらいして、ふっと落ち着いた頃『あれっ? そういえば目がジンジン痛くない! もしかしてI-O DATA モニター ディスプレイのおかげ?』と思いました。

いや、ちょっと感動的にビックリです。この感動を誰かと共有したいくらいです(=゚ω゚)ノ

とうぜん今まで使用していた「ミドリ安全のブルーライト対策眼鏡 MM21 クリップオン式」は使っていません。

今は「パリミキで購入したブルーライトカット眼鏡」と「I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB 」とで、ブルーライトカットの悩みから解放されて、作業をしています♪♪♪

ブルーライトカットの調整は、合計6パターン

ブルーライトカットの調整は、「ゼロ」から「OFF率1段階~5段階」の合計6パターン可能です。色にシビアな作業をしている人も、その状況にあわせて簡単に設定できます。

製品のI-O DATAの公式ページはこちら→EX-LD2381Dシリーズ

ブルーライトカットに関するページはこちら→目に優しい「ブルーリダクション」機能

管理人のパソコンでちょっとご覧に入れますね。でも撮影技術が未熟で、ごめんなさい

ブルーライトカットなし

ブルーライトカットOFF率 1段階

ブルーライトカットOFF率 2段階

ブルーライトカットOFF率 3段階

ブルーライトカットOFF率 4段階

ブルーライトカットOFF率 5段階

というわけで、「ゼロ」から「OFF率1段階~5段階」の合計6パターン選べることになります。色にシビアな作業をしている人も、その状況にあわせて簡単に設定できます。

まとめ

というわけで、今日は管理人が購入して1カ月以上使用している「I-O DATA ブルーライト低減機能付き液晶ディスプレイ」のご紹介をしましたがいかがでしたか?

目がジンジンするブルーライトに悩まされて何年たったのだろう……それが「I-O DATA ブルーライト低減機能付き液晶ディスプレイ」を購入して、使いはじめたことにより劇的な変化が、管理人に訪れました。目の奥がジンジンしない!痛くない!!今までの悩みは何だったんだ!!!という感動が起きてきます。モニターの価格は13,980円。JINSなどで度入りのブルライトカット眼鏡を購入するよりはるかに安い!! 使用してもう1カ月以上になりますので、確信をもってみなさんにお伝えすることができます。管理人が購入したモニターのAmazonでのカスタマーレビューをご紹介しておきますね→I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB 管理人はI-O DATAのディスプレイサイズが23インチでしたが、他にも大きさがあります。他の大きさの一覧もAnazonでご紹介しておきますネ→I-O DATA ブルーライトカット ディスプレイ

Pocket