Bracketsのステータスバーに文字数を表示するプラグイン

Pocket

Bracketsのステータスバーに、入力してある文字数を表示したい!という人はいませんか? 今日はそんな時に便利なプラグイン「Statusbar Char Count」の紹介とインストール方法の説明です。

管理人は最近Bracketsでメモも取るようにしています。といった時に『文字数がわかるようなプラグインがないかなぁ』と思って見つけました。

それでははじめますね。

Statusbar Char Countの特徴

Statusbar Char Countプラグインの特徴は以下のとおりです。

  • 半角、全角をそれぞれ1文字としてカウントする
  • 改行も1文字としてカウントする

になります。

「半角、全角を区別してそれぞれ1文字としてカウントする」については、単純に文字数を計算する点は便利ですね。

「改行も1文字としてカウントする」については、文字数とできれば別で表示にカウントしてくれるとうれしいです。

ということで、Bracketsのステータスバーに表示する文字数は、改行もふくめたおおよその文字数ということになります。

それでははじめます。

Statusbar Char Countで便利になること

文字数を気にする必要がある人にとっては、ブログの下書きや文章のドラフトを作成している時に、Bracketsがつかえて便利ではないかと思います。

Statusbar Char Countインストール方法

それではStatusbar Char Countプラグインのインストール方法の説明をしますね。

まずは画面右側にあるツールバーをクリックして拡張機能マネージャーを表示します。

[入手可能]タグが選択されていることを確認し、検索ボックスに「Statusbar Char Count」 と入力してください。

Statusbar Char Count が表示されたら[インストール]ボタンをクリックしてください。

[拡張機能をインストール]メッセージ画面が表示されます。「インストールは成功しました。」とメッセージが表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックしてください。

さらに[閉じる]ボタンをクリックしてください。

Brackets画面右下に xxx chars と文字数と改行数のトータルが表示されていますね。

もし xxx chars と表示されていないときは、サイドバーから他のファイルを一度クリックするなどして、画面をリフレッシュされてみてください。表示されます。

Statusbar Char Countの使い方

特に使い方はありません。文字を入力するとBrackets画面右下に xxx chars と表示されます。

表示をやめたい時は、拡張機能マネージャー(のインストール済みタグにある)Statusbar Char Countプラグインを無効化してください

まとめ

今日は、Bracketsのステータスバーに、入力してある文字数を表示する便利なプラグイン「Statusbar Char Count」をご紹介しましたがいかがでしたか? 改行まで1文字としてカウントしてしまうのは、ちょっと……という感じもします。しかし半角・全角の文字をそれぞれ1文字としてカウントしてくれるのは、ありがたい機能です。 できれば、改行数と半角・全角の文字数を分けてカウントしてくれると、もっとありがたいと思います。 また何かいいプラグインをみつけたらお知らせしますね。

Pocket