GIMPのドリル!で画像加工のど素人&初心者ができるようになったこと【1年半後編】

Pocket
[`evernote` not found]

「GIMPのドリル!」をおすすめ本として、紹介してから約1年半が過ぎました。今日は画像加工編集ど素人の管理人がいったいどこまでできるようになったのかをご紹介したいと思います。本をおすすめしたので責任がありますしネ。 ちなみに、現在管理人は、ちょっとわからないことがあると「GIMPのドリル!」を読み直すか、ネットでちょっと調べて画像加工をしている状態です。

そうそう、「GIMPのドリル!」を知らない人もいると思うので……。このような本です→ GIMPのドリル!のカスタマーレビュー

あ、今から約1年半前に書いたこちらの記事も参考にしてくださいネ

GIMP初心者は入門書としてどの本を買えばいいのか?おすすめといわれている人気の3冊を購入してみました
GIMPのドリル!を画像加工編集ソフト未経験者・初心者へおすすめ本にしている3つの理由

それでははじめます。

図形を組み合わせて、国旗画像を作成

四角い図形を組み合わせて、色を塗ってイタリアの国旗を作成しました。

この国旗画像は、管理人が運営している「イタリア初めて観光ガイド」でサイトロゴにしている画像です。→イタリア初めて観光ガイド

最初は、フリーのイラスト画像を使おうと思ったのですが『なんか、四角図形を組み合わせてできている単純な画像であれば、自分で作れそう……』と思って、作りました(`・ω・´)ゞ

写真に文字を入れて、画像を作成

自分で撮影した写真に「説明用の文字」と「著作権表記」の文字を入れた画像を作成しました。

こちらの画像も、管理人が運営している「イタリア初めて観光ガイド」で使っています。→ヴェネツィア観光を楽しむための聖マルコ入門

『写真に文字を入れて、説明が入った画像を作成したい!』なんて時も、簡単にできるようになりました(^^ゞ。

イラストを組み合わせて、説明用の画像を作成

フリーのイラスト素材を組み合わせて、説明用の画像を作成しました。

この画像はGoogle Homeについて説明している管理人運営サイト「Google Home超入門ガイド」で使用している画像です

マルチルームオーディオとは? Google Homeでできること

『いくつかのフリーのイラスト素材画像を組み合わせて、説明用の1つの画像を作成したい!』なんて時も簡単にできるようになりました。

まとめ

ということで今日は、画像加工編集ど素人の管理人が「GIMPのドリル!」だけで、いったいどこまでできるようになったのかをご紹介してみましたが、いかがでしたか? 画像加工編集ど素人の管理人がここまでできるようになりましたので、みなさんはもっとうまい画像が作成できると思います。なので『GIMPがうまく使えないんだけど……』と悩んでいる時に参考にしてもらえるとうれしいです。 最後に「GIMPのドリル!」のamazonへのリンクをつけておきますねー→ GIMPのドリル!のカスタマーレビュー また、しばらくしたらGimpで作成した画像を紹介しますね~

Pocket
[`evernote` not found]