Atomテキストエディタで、分割画面にファイルを表示するWindowsショートカットキー

Pocket

Atomテキストエディタで、分割した各画面(=ペイン)に、キーボードだけでファイルを表示するには、 ・分割画面間を移動するCtrl+kCtrl+ or or or ・ツリービューへのフォーカスをON・OFFするAlt+¥ の2種類のWindowsショートカットキーで行います。

今日は、画面分割済みのところからファイルを表示するショートカットキーの説明から始めます。画面分割するWindowsショートカットキーについてはこちらでご紹介しています。

Atomで 左右上下 に画面分割するWindowsショートカットキー

では、ショートカットキーの説明からはじめますね。

Atomで分割画面にファイル表示するショートカットキー群

それでは、Atomで分割画面にファイル表示するショートカットキーを説明しますね。2種類組み合わせて行います。

分割画面間を移動するショートカットキー

1つ目は、分割画面間を移動するショートカットキーです。ファイルを表示したい分割画面へ移動する際に使用します。

手順は以下のとおりです。

  1. Ctrl+k
  2. 手を離し、
  3. Ctrl+(移動したい分割画面方向の) or or or

ちょっとわかりずらいので、実際に説明しますね。4分割された左下画面から左上画面にカーソル移動をする時は、以下のようになります。

分割画面間で移動できましたか? 最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れると簡単ですので、何回か繰り返してみてください。

では、もう1つのショートカットキーを説明します。

分割画面とツリービューとの間を移動するショートカット

2つ目は、「分割画面」と「ツリービュー」との間を移動するショートカットキーAlt+¥です。分割画面に表示するファイルをツリービューから選択するために必要になります。

ちなみにこのAlt+¥は、正確にいうと「ツリービューへのフォーカスをON/OFFする(=ツリービュー上でキーボードを使えるようにする)」ショートカットキーです。

できましたか? できたら何回かAlt+¥を繰り返して、カーソルの動きを確認してみてください。

では実際に、ショートカットキーだけで、4つに分割してある画面にファイルを表示していきましょう。

ファイルを表示したい分割画面にカーソルを移動する

まずは、ファイルを表示したい画面にカーソルを移動します。ここではカーソルを左下から左上に移動します。移動するときは、Ctrl+k 、一度手を離し、Ctrl+を押します。

カーソルが右上画面に移動できましたね。次はツリービューにカーソルを移動させましょう。

ツリービューにカーソルを移動する

次はツリービューにカーソルを移動して、分割画面に表示するファイルを選択します。ショートカットキーは、Alt+¥です。

ツリービューにカーソルが移動すると、プロジェクトフォルダ名の左側にマークがつきます。

カーソル移動前
カーソル移動後

では最後にツリービューでファイルを選択して、分割画面に表示しましょう。

ツリービューで表示するファイルを選択し、分割に画面に表示する

最後に、ツリービュー上で矢印()キーを使って移動して、表示するファイルをEnterキーで選択すれば、分割画面に表示することができます。

ここではツリービュー上のleft-upper.htmlを選択するためにキーを押します キーで、left-upper.htmlを選択します。 Enterキーを押します。 これで分割した右上画面にファイルを表示することができました。

あとは、さきほど説明した「ファイルを表示したい画面にカーソルを移動する」からの繰り返しになります。念のために手順をリンクしておきますネ。

  1. ファイルを表示したい画面にカーソルを移動する
  2. ツリービューにカーソルを移動する
  3. ツリービューで表示するファイルを選択し、画面に表示する

まとめ

今日はAtomテキストエディタで分割した各画面(=ペイン)に、キーボードだけでファイルを表示するためのショートカットキーをご紹介しました。 ・分割画面間を移動するCtrl+kCtrl+ or or or ・ツリービューへのフォーカスをON・OFFするAlt+\ これに加えて、「Atomテキストエディタで 左右上下 に画面分割するWindowsショートカットキー」もぜひ使ってください。 分割画面でショートカットキーを駆使すると、効率よくhtmlやcssを編集することができます。ホームページ作成の効率もあがりますので、少しずつ覚えていきましょうネ。

Pocket