Brackets1.7バージョンアップのリリース内容・方法・検証結果

Pocket

Brackets1.7が2016年6月10にリリースされました。その中でもCtrl+Tabによるファイルの切替操作は感動ですね! ということで今日はBrackets1.7バージョンアップのリリース内容・方法・検証結果をお伝えしたいと思います。

最新バージョンはこちらです。

お知らせ!Brackets Ver1.8がリリースされました。Ver1.6→1.8へも直接アップデートできますので、最新版のVer1.8へアップデートしたい人はこちらからどうぞ。

Brackets 1.8へのバージョンアップデート方法 Windows編

バージョンアップ操作自体は、とっても簡単です。『1.6から1.7にバージョンアップすべきか?』と迷っているあなたの参考にしてください。

『Brackets1.7でどこが変わったのか早く知りたい!』というあなたは、Brackets1.7リリース内容の検証へお進みください。

ちなみにBracketsをはじめてインストールする人はこちらのページをどうぞ。

Bracketsを初心者がインストールする方法 Windows編

それでは、バージョンアップ画面の表示方法からはじめますね。

バージョンアップ画面の表示方法

まず、バージョンアップのアナウンス画面を表示する方法ですが、3パターンあります。別記事にまとめてあります。『あれっ、どうやって表示するんだ???』というあなたは、こちらをどうぞ

Brackets バージョンアップ画面(利用可能なアップデートがあります)の表示方法

ちなみに、私は仕事から帰ってきてBrakcetsを起動したら、自動表示されました。

Brackets1.7のリリース内容確認

ということで、Brackets1.7へバージョンアップする前に、どこがどう変わったのかリリース内容を確認してみることに……。どれどれ……と思ってリリースノートをクリックすると……

出典:Release Notes: 1.7 · adobe/brackets Wiki · GitHub

英語、、、よくわからん……ヾ(≧▽≦)ノ

ということでbraketsのダウンロードページへ行ってみることに。

おぉ、1.7になっている。

出典:http://brackets.io

下の方にスクロールさせると……

出典:http://brackets.io

うむうむ、なんだか大きく3つ変わったようです。

1つ目は、Windowsでのマウススクロールの改善とのこと。

CEF シェルの 2623 へのアップグレード
Brackets アプリシェルは、CEF 2623 にアップグレードされました。Windows ではマウススクロールが早すぎるという長く続いていた問題が CEF アップグレードにより修正されました。

あまりまだ使いこんでいないせいか、感じたことはなかった(--〆)。まぁ、改善されたんだからいいか。←おいおい、管理人

2つ目は、Ctrl+Tabを押したときの動きらしい……

最近使用したファイルのナビゲーションダイアログ
Ctrl + Tab タブによって表示される「最近使用したファイル」ナビゲーションダイアログが新しくなり、開いているすべてのファイルの履歴を表示し、いずれかのファイルに視覚的に切り替えられるようになりました。新しいダイアログでは、ワーキングセットに含まれない開いているファイルも記録されます。

なんだか、イマイチよくわからないけど、とにかくCtrl+Tabを押した時の操作が改善されたらしい……

3つ目は、Macが64ビットになったとのこと。でも私はWindowsなので関係ない……。Macも欲しいけどねヾ(≧▽≦)ノ

ということで、1.7にしても問題なさそうなので、バージョンアップすることにしました。

Brackets1.7へのバージョンアップ操作

でさっそくバージョンアップするために、[すぐに入手する]ボタンをクリックすると

なんだ、brackets.ioのページじゃんか┐(´д`)┌ヤレヤレ

「ここからダウンロードせい!」ということらしい。なので[Download Brackets 1.7]のボタンをクリック!

ダウンロードが開始され……

終わったら、[フォルダを開く]を選択して、

ダウンロードファイルをダブルクリック

ここから先のBrackets Installer画面は、各バージョンで共通なので、別記事にまとめてあります。

Brackets Installerでバージョンアップデート(更新)する時の操作手順 Windows編

Brackets Installer画面が終了し、Bracketsを再起動すると、無事1.7へのバージョンアップは正常に終了しています。次にリリース内容の検証していきますね。

Brackets1.7リリース内容の検証

それではBrackets1.7のリリース内容について検証します。

マウススクロール

ぶっちゃけ、『えっ? マウススクロールで何か変わったの?』という感じです(。´・ω・)?。

どこが変わったのか、違いがわかりません<(`^´)> ←おいおい、しっかりしろ管理人!((+_+))

ということで判明したらお知らせしますね。

Ctrl+Tabを押したときの動き

リリースノートをみても、いまいちピンとこない説明ですが、これは素晴らしいヾ(≧▽≦)ノ。Ctrl+Tabを押したときの動きをVer1.7リリース前・後で比較すると

Ver1.7リリース前
Ver1.7リリース後

Ver1.7リリース後では、「最近利用したファイル」が別ウィンドウで表示され、Ctrl+Tabを押すごとに、選択が切り替わっていきます。

当然ですが、Ctrl+Tabを離せば、そのファイルが表示されます。たとえばこのタイミングでキーボードから手を離すと index.htmlが表示されます。

さらに左右(または上下)分割している時に、Ctrl+Tabを押すとこの通り

左右分割時
上下分割時

直感的にわかる(゚д゚)!これはいいぞ!!!これだけでも1.7へバージョンアップする価値はありますね。

Macが64ビットになった

すみません。私はWindowsなのでちょっと検証はできません。

まとめ

今日は、Brackets1.7バージョンアップ方法およびリリース内容検証結果をお伝えしました。私としてはCtrl+Tabによるファイルの切替操作は感動的でした。 1.6から1.7へバージョンアップすることによって、あなたが操作で困ってしまうような変化はありません。バージョンアップ操作自体はとっても簡単ですので、時間が空いた時にバージョンアップしてみてくださいネ。それでは。 お知らせ!Brackets Ver1.8がリリースされました。Ver1.6→1.8へも直接アップデートできますので、最新版のVer1.8へアップデートしたい人はこちらからどうぞ。→Brackets Ver1.8へのバージョンアップデート方法 Windows編

Pocket