BracketsライブプレビューでOperaブラウザを使うための簡単設定方法

Pocket

BracketsのライブプレビューでOperaブラウザを使うためには、 ・Operaを既定のブラウザにする ・試験ライブプレビューを有効 の2つの設定をすることで簡単にできます。 先日、BracketsライブプレビューでFirefoxを使う簡単設定方法をお伝えしました。とうぜん『BracketsライブプレビューでOperaブラウザーを使いたい!』という人もいますよね。なので今日はその方法をお伝えしますね。

Operaを既定のブラウザにする

まずは、Operaを既定のブラウザに設定します。なお ・htmlファイルをダブルクリックするとOperaで表示される ・Operaを既定のブラウザに設定してある という人は、この設定を飛ばして試験ライブプレビューを有効にするに進んで下さい

話を戻して……、既定のブラウザに設定する方法はいくつかありますが、一番簡単な方法で説明しますね。

まずOperaを起動してください。

左上のメニューをクリックして下さい。メニュー一覧が表示されます。

[設定]を選択します。

[設定]画面が表示されます。

[設定]画面の[ブラウザ]を選択してください。

画面が切り替わりましたね。

この画面に[Operaを標準ブラウザに設定]というボタンがあります。これをクリックして下さい。

Opera Internet Browserを選択して下さい

[現在、Operaが標準のブラウザとして設定されています。]と表示されています。これでOperaを既定のブラウザにすることができました。

Operaを既定のブラウザにする設定は、以上で終了です。

試験ライブプレビューを有効にする

Bracketsで試験ライブプレビューを有効にします。Bracketsメニューバーの[ファイル]→[試験ライブプレビューを有効にする]を選択します。

ちゃんとチェックされているかもう一度確認してみましょう。 OKですね。

では、Bracketsのライブプレビューを実行してみましょう。

Operaブラウザで起動しましたね。

ライブプレビューの詳しい使い方はこちらをどうぞ

html・cssの保存操作は不要! Bracketsライブプレビューの使い方

まとめ

今日は、BracketsライブプレビューでOperaブラウザを使うための簡単設定方法について説明しました。「Operaを既定のブラウザに設定」「試験ライブプレビューを有効にする」という2つのことで簡単にできます。ライブプレビューの使い方についてはこちらをご覧ください→html・cssの保存操作は不要! Bracketsライブプレビューの使い方

Pocket