Windows8でBrackets起動アイコンをタスクバーとデスクトップに作成する方法

Pocket

Windows8でBracketsをスタート画面から起動するのが面倒だなぁ。あれっ?確かタスクバーとデスクトップにアイコンを作成してスグに起動できるようにすることができる方法があるハズなんだけどどうやるんだったっけ?Bracketsはインストール直後には、Windows8だとスタート画面にしかアイコンが作成されません。なので、『Brakestを起動したい』と思った時には、一度スタート画面に戻らないといけません。これって不便ですよね。なので今日は、Brackets起動アイコンをタスクバーとデスクトップに追加作成しましょう

Windows7でBrackets起動アイコンを追加作成する場合はこちら

Windows7でBrackets起動アイコンをタスクバーとデスクトップに追加作成する方法

そうそう、Bracketsのインストール方法はこちらから

Bracketsを初心者がインストールする方法 Windows編

それでは、はじめますね。

タスクバーにBracktesアイコンを追加作成する方法

Windowsのデスクトップのタスクバーは、デスクトップ画面下に表示されている帯部分です。ここにBracketsアイコンを追加作成しておくと、クリックするだけで起動できます。

それではタスクバーに追加作成する方法です。まずスタート画面に移動します。

Bracketsアイコンがあるところで、右クリックをします。

[タスクバーにピン留めする]を選択します。

デスクトップ画面に戻って確認してみましょう。Bracketsアイコンがタスクバーに追加作成されました。

では続いて、デスクトップにBracktesアイコンを追加作成する方法です。

デスクトップにBracktesアイコンを追加作成する方法

デスクトップ画面にもBracktesアイコンがあると便利です。なので追加作成しましょう。

まずスタート画面に移動します。

Bracketsアイコンがあるところで、右クリックをします。

[ファイルの場所を開く]を選択します。

デスクトップ画面に戻って、エクスプローラが表示されます。Brackets(へのショートカット)が選択された状態ですね。

このBrackets(へのショートカット)が選択された状態で右クリックしてください。

[ショートカットの作成]を選択してください。

「ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?」とメッセージボックスが表示されるので、[はい]を選択してください。

デスクトップ画面を確認してみましょう。Bracktesアイコンが追加作成されていますね。

まとめ

今日は、Windows8でスタート画面以外からBracketsを起動させる方法として、Brackets起動アイコンをタスクバーとデスクトップに追加作成する方法の説明をしました。以前に他のアプリケーションで同じことをやったことがあるかもしれませんが、インストール作業などはたまにしかやらない作業なので『あれっ?どうやるんだったっけ?』という人もいるのでは……というか、わたしなんですが……。なのでご紹介しました。それではまた。

Pocket