よくわかるHTML5+CSS3の教科書 第2版 を初心者へのおすすめ本にしている理由

Pocket

今日は「よくわかるHTML5+CSS3の教科書 第2版」を初心者さんへのおすすめ本にしている理由を書きますね。この本をおすすめする最大の理由は「初心者が辞典がわりとして利用するのにとっても便利だから」です。確かに『わからないことがあった時は、辞典でしょ』と思いますが、辞典だとどうしても断片的になりすぎてイマイチ(というか全く)使い方がわからず『???』となってしまうことがよくありませんか? たぶんhtml辞典やcss辞典を買った人であればわかると思います……というかそれは、私なんですが……。そんな時に使えるのが、この「よくわかるHTML5+CSS3の教科書 第2版」なのです。

内容としては、htmlタグやcssプロパティについて、1つ1つ丁寧に説明して、進んでいきます。1つのサイトを完成させていくタイプではないため、面白みにかけるという点はどうしても否定できません。ただし『なんでそのようになるの?』といった疑問にちゃんと答えてくれます。この点は本当に素晴らしいと思います。

たとえばcssプロパティで指定するサイズにはpx、emなどの単位をつけたり、パーセンテージ(%)をつけたりするものに加えて、値だけを記述する場合があるのをご存知ですか? 具体的にいうとcssで行間を指定するline-heightプロパティがありますよね。そのとき値を指定するには以下のような方法があります。 line-height:1.7em; line-height:1.7;

この「line-height:1.7em;」と「line-height:1.7;」の違いをあなたはわかりますか?この違いをちゃんと説明してくれているのが「よくわかるHTML5+CSS3の教科書 第2版」なのです。

もちろん、その他にも超初心者から初心者レベルに達した時に『?』と思うようなことにちゃんと答えをだしてくれます。ちなみに購入してから時間がかなり経ってしまっているのですが、今でもよく使っています。

まとめ

今日は、「よくわかるHTML5+CSS3の教科書 第2版」をおすすめ本にしている理由を書きました。たしかに超初心者がこの本でいきなり勉強するにはレベルが少し高すぎますが、「スラスラわかるHTML&CSSのきほん」や「スラスラわかるCSSデザインのきほん」などの入門書を終えた超初心者さんには、辞典がわりとして利用するのにとっても便利な教科書タイプのおすすめ本です。『なんでそのようになるの?』といった疑問にちゃんと答えてくれる良書です。 Amazon 楽天ブックス

Pocket